Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

思い通りにならない相手を望む

思い通りにならない相手を望む

「他者中心」になっている人は、
 相手にわかってほしい。
 相手を自分の思い通りにしたい。
 相手を自分の思った通りに従わせたい。
 こんな目標で、人とかかわっていきがちです。

 もちろんそれは、そうすることで「自分が満足にできるに違いない」
 と思い込んでいるからでしょう。

 では、「自分中心」の人はどうでしょうか。

 自分中心の人であれば、最初から、「相手を思い通りに動かしたい」
 という欲求をもつことはないでしょう。まったくないとは言いません
 が、かなり少ないでしょう。

 その分だけ、相手に対する不満も少なくなります。
 相手に求めるよりも、自分が動こうとするでしょう。
 これだけでも、心が自由でいられます。

 また、「相手を思い通りに動かしたい」という気持ちがなければ、「相手を思い通りに動かしたい」という欲求をもってくる相手と親しくしたいとは思いません。
 そのために、そんな相手に自ら近づいて行くことはないでしょう。

 むしろ、率直にノーを言ったり、離れようとするでしょう。

 けれどもこんなとき、「相手を自分の思い通りにしたい」と望む他者中心の人は、「相手を思い通りに動かしたい」という欲求をもってくる相手に対抗心を燃やして、自ら近づいていくでしょう。

 そこで「どちらが、相手を自分に従わせるか」というバトルがはじまります。

 それだけではありません。
 ここが「無意識」の面白いところです。

「相手を思い通りに動かした」という欲求をもつということは、どういうことを意味するか。
 まさにそれは、そんな状況をつくっていくということです。

「相手を思い通りに動かしたい」という欲求をもてば、そんな欲求を叶えるためには、その前に、「相手が、自分の思い通りに動かない」。こんなシチュエーションが必要になってきます。

 つまり、
「人を思い通りに動かせたらいいなと思いますが、なかなか思い通りに動かすには、骨が折れますね」
 そんな不満を抱く出来事が、まず、先に起こらなければならないということです。

「相手を思い通りに動かす」ために、わざわざ自ら、「相手が思い通りに動かない」というシチュエーションをつくり出す。

「相手を思い通りに動かしたい」と思っていない人が選ぶのは、最初から協力が得られる相手を選びます。

 ところが「相手を思い通りに動かしたい」という人が選ぶ相手は、同様に、「相手を思い通りに動かしたい」という人なのです。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional