Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

意識と6年周期リズム診断 2

意識と6年周期リズム診断 2

(2)

 隆盛期は、占いでいえば「願いが叶う時期」「良い運の時期」にあたります。
 自分の好きなこと、望むことをどんどん推し進めなさいとアドバイスされるでしょう。

 自分の望みが叶う時期だということで、あなたはこの時期に転職したいと思いました。
 たまたま眼にした募集案内に興味をもったあなたは、「ダメもと」の気持ちで応募して面接を受けました。

 軽い気持ちで受けたにもかかわらず、多くのライバルの中からあなたが採用されました。

 あなたは嬉しくなって、そのことを親友に伝えました。

 あなたは親友も喜んでくれると思ったのですが、
「前もそうだったじゃないの。今の会社に就職したとき、あなたは今の会社もやりがいのある仕事だって、言っていたんじゃないの」
 という返事が返ってきました。

 それが発端でした。

 メールのやりとりをするうちに、だんだん感情がエスカレートしてきて、あなたは電話で親友に対して、これまで我慢していたことを矢継ぎ早に口走ってしまいました。

 それが思わぬ方向へと展開していって、結局、長年つづいたつき合いが、そこで終わってしまいました。

 仕事はトントン拍子で運んでいったのに、親友とは絶縁する結果となってしまいました。

 結果だけをみると、良い事と悪い事が起こったように映ります。

 けれどもこれは、眼で見えるところにしか焦点を当てていないから、悪い事が起こったように映っているだけです。

 どうして親友と絶縁することになってしまったのか。

「自分の意識」の視点から、この現象をみると、どうでしょうか。

 自分の心に素直になると、それが見えてくるに違いありません。

 例えば、
・日頃から親友に対して、言いたいことを我慢していた。
・だんだん、一緒にいることが苦痛になっていた。
・心の中で、親友に反発したり否定したりしていた。
・今までは、何でも親友に伝えていたし、アドバイスを仰いでいたが、
 少しずつ自立してきて、相談しないことも多くなった。
・親友のアドバイスが、鼻につきはじめた。

 こんな思いが心の中で蓄積していけば、だんだんあなたは、親友に、それを言いたくなっていくでしょう。
 気持ちの中では、「もう、離れてもいいかな」という気持ちにもなっています。

 でも、どうやって離れていいかわかりません。離れることに、まだ、戸惑いもあります。

 そのとき、無意識が、
「じゃあ、自分の気持ちを言うチャンスをつくって、そのあと、どうなるか試してみようか」
 と、そのチャンスをつくってくれる。
 これが、「親友と争う」ということなのです。

 しかも、形は「親友と争う」であっても、浄化期と隆盛期では、心のあり方や結果が大きく違ってきます。

 浄化期には「親友と別れた」ことで、心身共に大きなダメージを受けやすいのですが、隆盛期には、その結果、心がいっそう自由になって、しばらくすると、もっとハッピーに出会いがあるというふうに、その後の展開も異なってくるでしょう。

 こんなふうに、隆盛期に「悪いことが起こっている」ように見えるのは、表面的にそう映っているだけなのです。 (おわり)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional